スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるごと高野山 

はろーはろー。TOEICはリスニングが残念な感じ、リーディングは時間15分余って却って不安な感じのナンブです。

おとついは、高野山でのんびり過ごしました。

朝の勤行を見学。
宿泊客の半数以上が外人だったんだけど、中には最後まで正坐していた人もいた。日本人として足を崩すわけにはいかない(崩してた人もいたけどね)って思ったけど、勤行の様子に集中していたら、不思議としびれを感じなかった。でも、護摩焚き終わって立ち上がったら20秒くらい歩けなかった。。。

宿坊の朝ごはんはこんな感じ。
御飯が進むものが多くて、夕飯よりおいしかったくらい。がんもがよかった。

熊谷寺
お寺の中から懐かしいメロディーが。

♪われらは
仏の子供なり 
うれしいときも
かなしいときも
みほとけさまに
つかえなん♪

真言宗のお寺さんの幼稚園に通っていたので、毎週木曜日の朝の会で、この歌を歌っていたのです。BGMだけ流れてたんだけど、フルで歌えました(笑)あの頃の記憶力が今ほしいw

奥の院
空海がいまでもいらっしゃるとされる場所。一帯は墓地になってるんだけど、
航空事故で亡くなられた方々のお墓(ロケット!?)だとか、
シロアリ駆除業者の供養碑。「シロアリも命ある生き物。命をいただいて仕事をしていることに感謝しなければならない」なるほど。
どうなんでしょうね、ユニークなんだけど、ただの企業広告…って感じのも中にはありました。

道中、八十八箇所廻りの団体さんをたくさん見かけました。ガイドさんが引率しているので、ついて回ると色々と話を聞けました。しかし、(本職ですから)ガイドが淀みない。見習いたいものです。

ケーブルカーは単線なのに道中1か所複線になってて実はすれ違えるのにも驚き。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aikonm.blog20.fc2.com/tb.php/303-9118f072

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。