スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この3週間 

怒濤の2週間ののちに待っていたのは、緩慢とした1週間。
ドイツから帰って早1週間いまだ日本に慣れません。かといってドイツに慣れていたかというとそういうわけでもなく。

ドイツは良い経験になったと思います。毎日が慌しく、刺激的でした☆

普通の旅行では見ることのできないような場所、聞くことのできないような貴重なお話に触れ、いろいろ考えさせられました。考えるべきことが多すぎて、ひたすらにとった記録を読み返す日々です。

ホームステイ先は、パパ、ママ、そしてFelix(19)。男の子の家でした。イケメンパラダイス…と思いきや彼女持ちだったけど(´・ω・`)
パパとママは旧東ドイツの美大で出逢ったとか。そんなこともあってか、ホームステイ先での自由行動の夜、Lange Naght der Museen(美術館の長い夜)というイベントに連れて行ってもらいました。年に2回、夕方~真夜中にかけて美術館が開放されるというもので、ペルガモンとか、技術博などに行って来ました。ベルリン大聖堂の屋上から眺めた景色、すばらしかったです。あと、バウハウスの資料館では、ママが楽しそうに解説してくださったのがすごく嬉しかった。
色々な話をしましたが、とくに印象に残ったのは、google earthで日本の説明をしたとき。京都のあたりの話(きれいな場所だよーといったような感じで)をしたら、「あの議定書の!」という反応。環境保護の意識の高さを実感しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aikonm.blog20.fc2.com/tb.php/229-601b7b5b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。